相応しい格好

女性

大人のマナー

普段はどんなにラフなファッションを好んで着ていても、冠婚葬祭といった改まった場所では相応しい格好が求められます。学生ならば制服で行くことも可能ですが、大人はTPOにあわせた衣装を何時でも着れるように準備しておくのがマナーです。特に重要になるのが、慶事と弔事に着用できるブラックフォーマルの衣装になります。多くの人が勘違いしていますが、ブラックフォーマル即ち喪服というわけではなく、また礼服ということではないのです。女性用のブラックフォーマルは専用のコーナーが、作られており様々なタイプが揃えられています。しかしよくよく見てみると、黒の色合いが薄かったり濃かったり光るビジューがついているデザインもあるはずです。ブラックフォーマルは黒い礼服を総称した言い方ですが、必ずしも慶事と弔事の両方に着ていけるとは限りません。ご不幸があった場は、故人への敬意を示し残された遺族への慰撫の気持ちをこめた挨拶に訪れるのが目的です。当然身に着ける衣服は、漆黒か深い黒色で控えめなデザインが求められアクセサリーもしない方が無難でしょう。一方で慶事の場はおめでたいのに、黒一色では逆に不自然でもあり周囲から浮いてしまうので避けるべきです。同じ黒でも光っている素材で仕立てられていると弔事用とはなりませんが、地味過ぎると浮くのでアクセサリーやコサージュをするとよいでしょう。費用をおさえたいので兼用のブラックフォーマルにしたい場合は、両方に使えるタイプを選んでください。

Copyright© 2018 ワイドパンツでリラックスモード【コンプレックスを隠せる】 All Rights Reserved.